激動の時代を勝ち残る!プロに勝つFX投資バイブル
Dr.ティーの新悪魔的デイトレ必勝法

日記

核のゴミ〜<核廃棄物処分場>高知・東洋町の調査を認可 資源エネ庁

<核廃棄物処分場>高知・東洋町の調査を認可 資源エネ庁

 高レベル放射性廃棄物の最終処分場建設のための第1段階調査に高知県東洋町が応募していた問題で、経済産業省資源エネルギー庁は28日、調査を担当する「原子力発電環境整備機構」に対し、調査計画を認可した。原発から出る「核のゴミ」の処分に不可欠な処分場の建設を目指し、5月にも全国初の調査が始まる。(毎日新聞)

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/toyo_final_disposal_site/

5月に「全国初の調査」って・・・

ことは今までどうなっていたんだろうと素朴な疑問。

原子力発電環境整備機構のHPを見たら、核廃棄物処分場の調査に約20年、

決定から建設に焼く10年かかるそうな。

ちなみに高知・東洋町の6割の反対署名が集まっていると言う。

日常生活で出る「一般ゴミ」どころの騒ぎじゃないですからね。

「核のゴミ」

いったいどうなるんだろう。

日記

シミとストレスの因果関係

カネボウ製薬、シミとストレスの因果関係を解明


3月23日8時32分配信 フジサンケイ ビジネスアイ


 カネボウ製薬(東京都港区)は22日、精神的ストレスが強いとシミやシワが多くなるなど、ストレスと肌の状態の因果関係を究明したと発表した。ストレスの度合いを「低い」「中程度」「高い」の3段階に分類し、「高い」の方が、「低い」よりも、シミの面積が約3倍広くなっていたとの研究結果を得た。また、ストレスを原因とするシミは額に現れやすいこともわかった。

 研究は、肌の状態、精神的ストレス、栄養の3つの要素の相互関係を分析したもの。20〜60歳の女性135人を対象にストレス診断、血中ビタミン測定、肌状態の評価を実施した。
 それによると、ストレスが強いほど、シミの面積は広がり、この関係は20歳代で最も顕著だった。一方、ストレスが強いほどシワも増えることが確認できたが、シワの場合は、50歳代でその関係が最も強くなった。
 このほか、血中のビタミン濃度との関係を分析したところ、レバーや魚介類などに多く含まれるビタミンB群(B2、B6、ナイアシン)が血中に多いと、ストレスが強くてもシミが出にくくなることがわかった。
 また、果物類などに多いビタミンCや、豆類などに多いビタミンEの血中濃度が高いと、ストレスが強くてもシワの発生を抑えられることも明らかになった。
 カネボウ製薬では、今回の研究成果を、同社のビタミン系サプリメントなどの販売促進に活用する考えだ。 
ビタミンBがシミにいいなんて知らなかった。

シミ、シワ、女性にとっては恐怖ですね!

そういえば最近転職、部署移動、収入の激減など、ストレスたまること

ばっかり。

なんだか一年前よりシミが目立ってきたのはそのせい?

日記

黒川氏秘書に23歳ロシア美女・・・バブルは終わったんだぜ!

黒川氏秘書に23歳ロシア美女…4・8都知事選投開票

3月24日8時1分配信 スポーツ報知

 都知事選に立候補している世界的建築家の黒川紀章氏(72)が23日、選挙戦に「ロシア人美女」を投入した。ロシアにある黒川氏の設計事務所で秘書を務めるアレーシアさん(23)だ。現在、研修で10日間だけ日本に滞在しており、この日は黒川氏の選挙を手伝った。
写真はコチラ

 身長171センチのスラリとしたアレーシアさん。遊説先の上野「アメ横」では、身長161センチの黒川氏にぴったり寄り添い「お願いします」とビラを配った。「きれいな人がビラを配っていて驚いた」と話す有権者もおり、その姿はひときわ目立った。

 黒川氏は「みんなが頼りにしていて、若いのにしっかりしている。ロシアで100人ほど面接して選びました」。まだ採用して3か月だが、「英語、ロシア語が堪能で日本語も少々話せる」という。アレーシアさんは「いろいろな人から(黒川氏が)素晴らしい人間と聞いて、もっと知りたくなり事務所に入りました」。黒川氏の印象については「マ〜ジック、すごい人」と笑顔で話していた。


総額1000万円の宣伝カーといい・・・

絶対投票したくない人物ですね。

貧乏人のひがみかもしれないけれどこんな人間に庶民のきもちがわかってたまるかっ!

ちなみに宣伝カーについて。

ワゴン車「シボレー」を改造した特注品で車両本体約600万円、改造費約400万円の計約1000万円をかけたゴージャスなものだ。その名も「モバイル・ストリート・カフェ」。

日記

ロッテリア、やってくれましたね〜

ロッテリア アルコール販売を展開へ 大人も楽しめるよう



3月18日10時12分配信 毎日新聞

ロッテリア アルコール販売を展開へ 大人も楽しめるよう

拡大写真

ロッテリア幕張ボール・パーク店
 ファストフードチェーン「ロッテリア」は20日から、大手として初めて店内でアルコール販売を本格展開する。幕張ボール・パーク店(千葉市美浜区)を皮切りに、10年までに全店の1割に当たる50店でアルコールを販売する計画。親子連れ中心のイメージだけではなく、大人も楽しめる店作りを目指す。
 午後5時〜同11時限定でビールやカクテルを販売。ソーセージ盛り合わせなどのおつまみも提供する。夕食時間帯に客が少なくなる店舗で、照明を落として長居しやすい「大人のロッテリア」に衣替えし顧客層を広げる。客単価も昼間の2倍以上の1000〜1500円程度を見込む。【谷口崇子】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070318-00000005-maip-bus_all

ちょっと前に、「マクドナルドでビールが飲めたらいいのにね〜」

という会話をしたばかりでした。

だって、ハンバーガーとビールって、絶対愛称いいと思いませんか?

ロッテリア、やってくれましたね〜

ちなみに、わたしはロッテリアの「エビバーガー」ファンです。

近所にはマクドナルドしかないので最近はもっぱら「エビフイレオ」。

ニュース読んでいたら、またロッテリアの「エビバーガー」食べたくなっちゃいました。

日記

ホリエモン5億円で保釈・・・犬神憑き

<ライブドア判決>堀江被告を保釈 保証金は5億円


3月16日19時55分配信 毎日新聞

 ライブドア前社長の堀江貴文被告(34)は16日に東京地裁で実刑判決を受けたことで、昨年4月の保釈が取り消され、東京地検で拘置手続きが取られたため、弁護人は即日、再保釈を請求した。東京地裁は同日、保釈を認める決定を出し、保釈保証金は昨年4月の3億円を上回る5億円。弁護側は、拘置手続きに伴い返却された3億円に加え、2億円を現金で納付し、前社長は同日夕に保釈された。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/livedoor_investigation/

5億円ですよ!

やっぱりお金を持っている人間は強い。

でも、もっと悪いことしてるやつらはいっぱいいるんじゃないか?

とふと考えてしまう。ホリエモンはいきなり大金持ちになって、しかもアメリカン

ドリームを日本という島国でやっちゃったから「出る杭は打たれた」んじゃないか

・・・。

昔、「犬神憑き」というのがあった。

これは、急に金持ちになった家に「犬神が憑いた」という風評を立てて迫害した、

という風習である。これによって村の均衡を保っていたと言う。

なんか似ていませんか?

しかし「5億円」。

私なんか1日500円で生活しています。(泣)

日記

タミフルと「レナードの朝」

タミフル 岡山大教授講座にも年200万円の研究資金

 インフルエンザ治療薬「タミフル」の副作用を調べている厚生
労働省研究班長の横田俊平・横浜市立大教授(小児科)の講座に、輸入販売元の中外製薬から研究資金が渡っていた問題で、班員の森島恒雄・岡山大教授(同)の講座にも同社から年間200万円程度の研究資金が渡っていたことが、13日分かった。(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000005-maip-soci

いまだ世間を騒がせ続ける「タミフル」。

強い副作用や異常行動、転落死との関係はいまだ未解決のまま。
ニュースを読んでいて、「レナードの朝」という小説を思い出した。
医師・オリヴァー・サックス著作の医療ノンフィクションで、
1990年米国でペニー・マーシャル監督の「AWAKENINGS」として、内容を再構成したフ
ィクションという形でロバート・デニーロ主演で映画化がなされた小説だ。
邦題は「レナードの朝」、ご覧になった方も多いのではないだろうか。
オリヴァー・サックスは嗜眠性脳炎の患者20名に新薬L-DOPA(en:L-DOPA)(ドーパ
ミン前駆体 - レボドパ)を投与し、覚醒させたが、脳炎から目覚めた患者達は激烈な副作
用は猛烈なチックなどを誘発。時には患者を死に至らしめる結果にもなった。
映画も良かったけれど、小説はドキュメンタリーとは思えないほど壮絶な内容だった。


まさに「事実は小説より奇なり」。

日記

タミフル、追加備蓄ってどーいう事!?

タミフル300万人分を追加備蓄=予防投与目的−厚生労働省
3月6日12時31分配信 時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000077-jij-soci

 厚生労働省は6日、新型インフルエンザの発生に備え、治療薬「タミフル」
300万人分を予防投与用として追加備蓄すると発表した。
 国と都道府県は治療用として、2500万人分を目標に備蓄を進めているが、
新たに感染を初期段階で封じ込めるために予防投与用の備蓄も行うことにした。
経費として68億円を計上した。

これだけ世間を騒がせている「タミフル」。
こんなに危険なインフルエンザ治療薬「タミフル」を追加備蓄とは、いったい
どーいうこと?

しかも経費68億円・・・。
お上の考えていることはさっぱりわからん!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。